部署紹介

introduction

看護部長室

看護部長室

看護倫理を大事にしている看護部長と2人の看護副部長はそれぞれ人事と業務を担当しています。
患者や職員にとって、より居心地のよい病院・看護部となることを目指し、日々話し合っています。

2A病棟

2A病棟

血液・腫瘍内科病棟です。
治療期から終末期まで様々なステージの患者・家族の思いに寄り添うことを大切に、温かい看護を目指し日々頑張っています。

2B病棟

2B病棟

腎・糖尿内科、神経内科の病棟です。
定期入院、緊急入院の他糖尿病教育入院、CKD教育入院を受け入れています。
病棟全体として質の高い看護を目指しています。

2C病棟

2C病棟

消化器内科・外科を主科とする病棟です。
内視鏡治療を多く行っています。
在院日数が短いのが特徴で、定期入院に加え緊急入院も多く受入れています。

2D病棟

2D病棟

整形外科病棟です。
変性疾患・外傷の患者を受け入れ、月から土曜日まで手術があります。
早期退院を目指し多職種と連携し患者様と関わっています。

2N病棟

2N病棟

泌尿器科病棟です。毎日周術期看護炸裂中。 腹膜透析一緒にやりましょう。腎移植看護で学びを深めよう。自立排尿ケアを考えよう。
患者のQOL維持・向上を目標に日々質の高い看護を目指しています。

3A病棟

3A病棟

消化器外科と乳腺外科の混合病棟です。
周手術期看護からストーマ管理など、自宅退院に向けた患者のセルフケア能力向上に対する看護まで幅広い看護を提供できるよう日々頑張っています。

3B病棟

3B病棟

循環器内科・心臓血管外科病棟です。
第2整形外科病棟でもあります。心臓リハビリテーションを取り入れ、再入院ゼロを目指して患者指導に力を入れています。看護の質向上のため日々取り組んでいます。

3C病棟

3C病棟

血管外科と脳外科の混合病棟です。
脳外科は脳腫瘍から水頭症まで血管外科はASOを中心とした出来る限りの遠位での下肢温存を目的として日々奮闘しています。

4C病棟

4C病棟

コロナ対応病棟です。
各部署から集まったスタッフで構成されています。
罹患中でもADLを低下させないように皆で協力し、コロナ陽性患者の対応を行っています。

HCU

HCU

HCUでは呼吸・循環動態が不安定な重症患者の受入れと、ハイリスク手術の術後管理を行っています。
専門性の高い統一した看護の提供を目標に、多職種と連携しスタッフ全員で取り組んでいます。

OPE室

OPE室

当手術室では9室手術室があります。
ハイブリッド手術室での血管内治療やロボット補助下手術(消化器外科・泌尿器科)・人工関節手術など多種多様な高度医療を提供しています。

救急病棟

救急病棟

救急病棟・化学療法室・放射線治療室で構成されています。
外来部門と連携し、患者様・ご家族の方が安心・安全に治療を受けられるよう、迅速な対応ときめ細かな配慮ができることを目指しています。

救急外来

救急外来

救急・内視鏡・心カテ室・放射線検査室・透析センターで構成されています。 救急センター以外でも予約だけではなく緊急時にも対応しています。迅速に対応できるスキルを日々磨いています。

入退院支援

入退院支援

私達は患者様が安心して暮らせるよう地域に繋ぎ、おせっかいだけどその人らしさを支えるサポーターです。
一緒に考え橋渡しをします。
繋ぐバトンは無限大、想いをカタチに、家に帰りましょう!

認定看護師

認定看護師

患者・家族により良い看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら、 認定看護師の3つの役割を果たして看護の質の向上に努めています。

医療安全管理

医療安全管理

病院の理念である「みんなのしあわせとおもいやり」をもとに、患者・家族だけでなく職員も安全第一で安心して働くことができることを目指し、日々院内の医療安全に関する業務を実践しております。

感染制御部

感染制御部

感染制御部では、日々患者様や職員の感染状況を把握するとともに、感染が拡大しないようICD医師、感染制御認定看護師、感染制御認定薬剤師、検査技師、各部門と力を合わせて対応を行っております。

救命救急士

救命救急士

採用から3年と日は浅いですが、救急センターに所属し、救急患者様だけではなく感染者への対応、搬送等を行っています。
救命士法の改定に伴い更なる業務拡大に取り組んでいます。

看護助手

看護助手

主に看護師のサポートや患者様の身の回りのお世話を行っております。
看護師・患者様どちらにとってもかゆいところに手が届く存在になれるよう日々、業務に取り組んでいます。

クラーク

クラーク

一般事務作業の他、名もなき事務作業が多々存在する部門です。
様々な職種との橋渡しのような役割のある業務ですので、部署の印象は我々次第という思いで日々、取り組んでおります。